マッチングアプリ:メッセージが続かない人への3つの処方箋

メッセージ
▼この記事が役に立った人は応援クリックお願いいたします。▼
にほんブログ村 恋愛ブログ ネット恋愛へ

(2020年8月20日に修正)

マッチングアプリを始めて数人とマッチしたけど、
何を話せばいいのかわからない・・・
そもそもあったことない人と何を話せばいいの?

マッチングアプリで一番最初の関門はメッセージのやり取りです。

手当たり次第にイイネをしていればマッチはできると思いますが、マッチした後何を話せばいいかわからない人は多いと思います。

この記事では、マッチングアプリで300人と会った社畜コンサルあんそにーが、メッセージのやり取りに迷える子羊たちに、以下の3つの処方箋を提供します。

処方箋1:メッセージが続かないことに悩まない
処方箋2:メッセージの間隔をあける
処方箋3:やりとりをテンプレ化する

この処方箋に従って行動すれば、メッセージが続かなくて思い悩む必要はなくなります。読んで納得するだけでなく、行動するまでが大事です。

処方箋1:メッセージが続かないことに悩まない

そもそもなぜ、「メッセージが続かない」と悩んでいるのでしょうか。
悩む必要があることでしょうか。

マッチングアプリを使う目的は、女性に会うことです。
メッセージは女性に会うための手段にすぎません。

メッセージを続けることへの固執は、手段への固執です。
これは手段の目的化といって、望ましくない状態です。

例を挙げて説明します。
あなたは高校生で、学内の試験で良い成績を取りたいと考えて勉強しています。
このケースでは目的と手段は以下の通りです。

  • 目的→学内の試験で良い成績をとる
  • 手段→勉強する

例えば「ノートは3色ペンで書くと成績が上がる」という情報を目にしたとします。
あなたはノートを3色ペンで書きますが、最初はうまく色分けができません。
色使いのルールを決めたり書き心地いい3色ペンを探したり試行錯誤します。

ある段階から、「良い成績をとること」よりも、「3色ペンできれいなノートをとること」にフォーカスしてしまうようになります。

マッチングアプリでメッセージを続けようと努力するのは、まさにこの状況です。

女性に会うという目的に立ち返ってみると、メッセージのやり取りは少ないほうが効率的だと気付くはずです。

あんそにー
あんそにー

メッセージが続かないことに悩む必要はありません!
「もう話すことがない」と思ったらさっさとデートに誘ってしまいましょう。

処方箋2:メッセージの間隔をあける

メッセージのやり取りが手段でしかないなら、極論1回目のメッセージからデートに誘ったほうがいいじゃん

こう思う人もいるかもしれません。
答えは、究極的にはYESです。
ただ、1通目からデートに誘っても成功率は1%ぐらいでしょう。

女性は、軽い女性と思われることを恐れます。
ある程度メッセージをしてからデートの誘いに応じないと、自分に言い訳ができません。

一つクイズです。
以下の2つの状況で、どちらがデートに応じてもらえるでしょうか。

①1日で合計20回やり取りして、1日目に誘う
②5日で合計 5回やり取りして、5日目に誘う

正解は②です。
女性はメッセージの回数ではなく、メッセージをしている期間を重視します。
本当に関係が深まっているかどうかは問題ではなく、関係が深まった感が大事なのです。

これを踏まえてすぐにでも実行できるテクニックをお伝えします。
メッセージをすぐに返すのではなく、1日1通程度に抑えて送ることです。
女性の「関係が深まった感」が稼げますし、話すネタも尽きにくくなるので、メッセージが続かない悩みからは解放されるでしょう。

1日1通送る場合、1日のうちにメッセージを返す時間帯を決めるのも、メッセージの量・タイミングをコントロールするために有用です。

あんそにー
あんそにー

私は毎日寝る前に女性全員に返信しています。
寝るまでに返信がきても、そのメッセージへの返信は次の夜にしています。

この点については、「マッチングアプリ:マッチして〇週間!会うまでの期間はどれくらい?」という記事に詳しく書いています。

処方箋3:やりとりをテンプレ化する

メッセージが続かない理由の一つに、「何について話せばいいのかわからない」というものがあります。

大体こういう人は、女性からメッセージが来てからどういう返信をしようか頭を悩ませています。

メッセージが来てから返信を考えるのが普通でしょ?

多くの男性はこう考えます。
しかし、この考え方を続けている限り、「メッセージで何を話せばいいのかわからない」と悩み続けるでしょう。

解決法は、メッセージを送る前にどういう返信が来るかを予想しておくことです。
そして、デートに誘うまでのメッセージのやり取りのテンプレを事前に作っておきましょう。

あんそにー
あんそにー

デートに誘う、という目的が同じである以上、相手が変わってもメッセージの大筋は変わらないはずです。
やり取りの内容が毎回変わっているのであれば、効率化する余地があります。

テンプレを作っておけば、何を話せばいいのかわからなくなることはなくなります
もう一つの利点として、目的、すなわちデートに誘うことを忘れずにやり取りできます。

テンプレでやり取りするなんて相手に悪くない?

という意見もあると思いますが、固定観念にとらわれず一度真面目に考えてください。
テンプレのメッセージを送っても、送られてきた女性にとって害はありません。
つまり、誰も困りません。

しかし、ノープランでダラダラとメッセージをやり取りするのは女性への負担になります

もちろん、単純にメッセージをコピペしているだけだと相手の名前を間違えたり、文脈にそぐわない表現になってしまう可能性があるので、最低限のカスタマイズは必要です。

逆に言うと、最低限のカスタマイズをするだけで問題ありません。

以上のことから、メッセージのやり取りはテンプレ化しましょう。
テンプレの一例はこの記事で紹介しています。

まとめ

メッセージが続かない人に送る3つの処方箋は以下の通りです。

  • 処方箋1:メッセージが続かないことに悩まない
         →さっさとデートに誘う
  • 処方箋2:メッセージの間隔をあける
         →1日1通程度にメッセージの量・タイミングを調整する
  • 処方箋3:やりとりをテンプレ化する
        この記事を参考に

コメント

タイトルとURLをコピーしました