マッチングアプリ:やめればもっと会える!2回目のデートに続かないNG7つ

デート
▼この記事が役に立った人は応援クリックお願いいたします。▼
にほんブログ村 恋愛ブログ ネット恋愛へ

マッチングアプリを始めて数人女性と会ってみると、「1回目のデートはうまくいったのに、2回目のデートに続かない」という状態に陥る可能性があります。

1回目のデートは盛り上がったはずなのに、2回目のデートに誘ってもフェードアウトされちゃう・・・なんでだろう?

この記事ではマッチングアプリで300人に会ったあんそにーが、自身の経験と会った女性に聞いた内容から、2回目のデートに続かない男性がしているNGを、「行動」と「会話」の観点から7つ紹介します。

当てはまっていても大丈夫。改めれば、2回目のデートに続く可能性がぐっと高まるはずです!

ダメな行動

一回目のデートで遅刻する

シンプルに論外です。友達や恋人等の人間関係であれば、ある程度人間関係が出来上がっているので多少の遅刻は許されるかもしれませんが、マッチングアプリでは全く信用貯金がない状況からのスタートです。

この状況での遅刻はリカバリのしようがありません。

必ず集合時間前に着くようにしましょう。先に着いていることで、心にも余裕ができます。

プロフィール写真と違う見た目で行く

例えばプロフィール写真では前髪を上げてきっちりセットしてるけど、実際に会う時は髪をセットしていない等が該当します。

プロフィール写真で出来上がっているイメージと第一印象のギャップがあると、不信感をかうので、なるべく写真とのギャップはなくしましょう。

でもプロフィール写真は学生時代に取った一番かっこいい写真を使ってるし・・・時間は巻き戻せないよ

おっしゃることはもっともです。ですが、そもそも今の見た目と違うような写真をプロフィール写真にしているのは誠実さに欠けます。

写真を盛るのであれば、今の自分の精一杯にしましょう。そして1回目のデートの時はその見た目になるべく近づけていきましょう。

プロフィールに書いていることと違う行動をする

マッチングアプリのプロフィールにはいろいろな情報を記載するところがあります。

ここに書いてある内容と、実際に会った時の行動が一致していないと、写真と同じように不信感を買うことになります。例えば、

初デートの支払いを「男性がすべて払う」にしているのに、割り勘にする

とかですね。人は一貫性がある人を好みます。マッチングアプリのプロフィールの情報や自己紹介文と実際の行動にギャップがないようにしましょう。

実際に行動にできない場合は、プロフィールのほうを修正したほうがいいです。

ダメな会話

質問攻めをする

男女にかかわらず、初対面の人に対して質問攻めをしてしまう人が一定数存在します。例えばこんな感じ。

休みの日は何して過ごすことが多いですか?

家で映画見たり、買い物に行くことが多いです~

そうなんだ!兄弟はいるの?

(え、それだけ?この人何のために休日の過ごし方聞いたんだろう・・・)
はい、兄が一人います~

お兄ちゃんがいるんだね!
そういえばお仕事はどういうことをしているの?

・・・

この会話が盛り上がらないことはなんとなくわかっていただけるでしょう。では、なぜ盛り上がらないのでしょうか?

あんそにーの考えですが、質問された側からすると主に3つの理由があります。

  • 質問の意図が分からな
  • 話したいことがあるのに、話せなかった消化不良感が残る
  • 自分に興味があると思えなくなる

以下、簡単にそれぞれ補足します。

質問の意図が分からない

自分が質問される立場として想像してもらうとわかりやすいと思うのですが、質問の意図が分からないと回答する側としては困ります。「それ聞いてどうするの?」っていう質問には答えづらいですよね。

話したいことがあるのに、話せなかった消化不良感が残る

例えば趣味を質問をされて「映画を見ること」と答えた後は、好きな映画とか、最近見た映画とか、映画に関する質問が続くと期待しますよね。そこで全く別の質問が投げられると、消化不良感が残ってしまいます。

自分に興味があると思えなくなる

人は質問されると「自分に興味を持ってくれている」と感じる生き物です。しかし、質問に答えた後に、回答と全く関係ない別の質問が投げられてくると、「この人は自分の回答に興味がない、自分に興味がない」と感じてしまいます。期待が裏切られたと感じてしまうため、よりマイナスの感情が大きくなってしまいます。

プロフィールに書いてあることをそのまま聞く

このNG行動は、「質問攻めをする」との合わせ技になる場合も多いです。

例えば「趣味」「兄弟の有無」「職業」はほぼ全てのマッチングアプリで、プロフィールに記載されている情報です。

ある程度マッチングアプリ歴が長くなるとプロフィールを覚えることがめんどくさくなってきますが、人は誰でも自分のことが大好きです。自分がプロフィールに書いたことは非常によく覚えています。

そのため、プロフィールに書かれていることを聞かれると、「この人プロフィール読んでないな・・・」とすぐに気が付きます。そうすると、女性は「この人は自分に関心がない」と感じてマイナスの感情を抱いてしまいます

自分の話ばかりする

質問攻めはだめですが、自分の話ばかりするのもNGです。

ひたすら男性の仕事自慢を聞いてたら、デートが終わった。
その人から2回目のデートのお誘いがあったけど、返事してない。

女性からはよくこんな声を聞きます。

女性は優しいので、男性の自分語りを遮らず聞いてくれるかもしれませんが、そういう片方向のコミュニケーションでは継続的な関係は望めません。

1回目のデートが盛り上がったのに2回目のデートのつながらない男性は特に、一方的に自分が話してないか注意してください。

エンタメ系の話をする

ちょっとわかりにくいので例を出します。ここでいうエンタメ系の話とは以下のようなものです。

  • お互いに漫画が好きだから、お互いの一番好きな漫画の話をする
  • お互いに映画が好きだから、最近見た映画の話をする。

ぱっと聞いた感じ、すごくよくある会話な気がしますよね。でも、これ実はよくないんです。あんそにーも経験としてはわかっていたのですが、言語化できずに悩んでいたところ、私の好きなYoutuberが言語化してくくれていたのでリンクを張ります。

要約すると、女性と男性では脳の作りが違うため、同じ作品を見ても好きな場面が違ったりして、「共感」よりも「違い」が感じられてしまうからということです。

【コミュ力】これはNG!好感度が下がる話題

まとめ

行動に3つ、会話に4つのNGがある。

  • ダメな行動
    • デートに遅刻する
    • プロフィール写真と違う格好で行く
    • 全額おごる
  • ダメな会話
    • 質問攻めをする
    • プロフィールに書いてあることを質問する
    • 自分の話ばかりする
    • エンタメ系の話をする

初デートのお店の決め方から当日の行動については以下の記事を書いているので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました