マッチングアプリ:奢る?割り勘?初デートでの支払い

奢り 割り勘 デート
▼この記事が役に立った人は応援クリックお願いいたします。▼
にほんブログ村 恋愛ブログ ネット恋愛へ

今度マッチングアプリで知り合った女性と初めてデートするけど、やっぱり奢ったほうがいいのかな?

マッチングアプリに限らず、デートの支払いを奢るのか、割り勘にするのかは男性にとって永遠の悩みです。

結論から言いますと、

あんそにー
あんそにー

マッチングアプリでデートする女性には奢らないほうがいい!

あんそにーはこう考えています。

この記事では、以下を説明します。

女性に奢らないほうがいい理由

デートで割り勘にするときの注意点

奢らないほうがいいと思う理由

マッチングアプリで会った女性に奢らないほうがいいと思う理由は、以下の3点です。

・奢ると金銭的負担が増えて会える人数が減る

・プロフィールで奢りを求められていないほうが多い

・「男が奢って当然」と思う女性がアプリ上に増えると困る

順番に見ていきましょう。

奢ると金銭的負担が増えて会える人数が減る

当たり前の話ですが、女性に奢ると割り勘と比べて2倍お金がかかります。

つまり、使えるデート用の資金が一定だとすると、会える人数が1/2になります。

俺は出会いの量よりも質を大切にするから、たくさんの女性に会えなくてもいいんだよ

こういう考えの人を否定する気はありません。

しかし、あんそにーはこう考えています。

マッチングアプリで出会いの質を上げるのであれば、たくさんの女性に会うことが大事!

「出会いの質」という抽象的な表現を使いましたが、以下の2つの意味があります。

良い女性に出会うには、たくさんの女性に会うことが近道

出会った女性と関係性を深める(=興味を持ってもらう/興味を持つ)には、ある程度の経験が必要

多くの女性に出会えば、単純に良い女性に巡り合う確率も上がるし、経験値が貯まって良い女性に巡り合った時にうまくいく可能性も上げることができます。

プロフィールで奢りを求められていないほうが多い

多くのマッチングアプリでは「初デートの支払い」という項目が存在します。

例えば、Withだとこの項目には以下の選択肢があります。

  • 男性がすべて払う
  • 男性が多めに払う
  • 割り勘
  • 持っているほうが払う
  • 相手と相談して決める

この中で、男性が奢るケースは、「男性がすべて払う」「持っているほうが払う」の2つだけです。

ここからは実際にアプリで検索してほしいのですが、この2つに設定している女性はどれだけいますか?

残念ながらWithではこの項目での絞り込み検索はできないのですが、ぱっと10人のプロフィールを見たところ、以下の結果でした。

  • 男性がすべて払う、持っているほうが払う:1人
  • その他:9人

少ないですね。

いや、10人とかサンプル数少なすぎるでしょ!

その通りですが、これで勘弁してください。これまで5年マッチングアプリを使ってきましたが、「男性がすべて払う」「持っているほうが払う」に設定している女性は少ないことは確かです。

プロフィールでは書いてないけど、実際に会ったら暗に奢ってほしいアピールしてくるんじゃないの?

そんなことはありません。男性が奢るそぶりを見せれば別ですが、「当然割り勘だよね」という雰囲気を出していればちゃんと出してもらえます。

「男が奢って当然」と思う女性がアプリ上に増えると困る

あなたが女性に奢ると、「男性が奢って当然」と思う女性が増える可能性があります。

日本ではこういう「空気」というか、「暗黙の了解」が非常に強い力を持つので、マッチングアプリ経由のデートでは「男性が奢って当然!」というルールがほぼ強制されてしまう恐れがあります。

そもそも男性はマッチングアプリを利用する際に利用料を払っています。アプリ上の金銭的負担が多い男性がデート代も負担する状況、納得いきますか?

少なくとも、あんそにーは納得できません。

デートで割り勘にするときの注意点

なんだかんだ言っても結局女性がデート代を払おうとしなければ男が払うしかなくない?

こういうケースでは男性が奢る素振りをしていることがほとんどです。男性が気を付ければ、女性はちゃんと支払ってくれます。

ですが、気持ちよく女性に支払ってもらうには3つの注意点があります。

「初デートの支払い」を正しく設定する

リーズナブルなお店でデートする

支払い自体はまとめて行う

順にみていきましょう。

「初デートの支払い」を正しく設定する

まずはデートの前にやるべきことです。アプリのプロフィール編集画面から、「初デートの支払い」を「割り勘」か「相手と相談して決める」に設定しましょう。

とりあえず会ってほしいから「男性がすべて払う」にして、実際には割り勘にしよう!

NGです。

プロフィールの情報と実際の行動に不一致があると、女性の不信感を買いますし、最悪アプリ上で通報されます。

こういう「人をだまそう」というスタンスはアプリを使ううえで最悪なので、即刻考え方を改めましょう。

最初から、「割り勘」「相手と相談して決める」にして会ってくれる人と会う方が、フェアですし、トラブルにもなりません。

リーズナブルなお店でデートする

女性の金銭的負担を軽減するため、お店はリーズナブルにしましょう。

リーズナブルといっても漠然としているので、具体的な数字を出します。

初回のデートはランチにして、1,000~1,500円/人ぐらいに収めることを推奨します。

支払い自体はまとめて行う

割り勘ってことは個別会計にしたほうがいいよね?

いいえ、個別会計は望ましくないです。

理由はシンプルに、時間と手間がかかってお店に申し訳ないからです。

お店にはいったん男性がまとめて支払ってしまい、お会計処理中に女性からお金をもらいましょう。

お金をもらうときに重要なのは下手に出ないことです。プロフィールで奢りを要求していない女性からお金をもらうのは、別に悪いことではありません。

申し訳ないけど1,000円もらえるかな?

こんな感じではなく、

あんそにー
あんそにー

1,000円ちょうだい!

このぐらい普通のノリで構いません。事前に奢る素振りをしていなければ、特に文句も言われませんし、(デート中に他の問題がなければ)2回目も会ってもらえます。

まとめ:アプリで知り合った人とは割り勘でデートしよう

  • マッチングアプリで知り合った人には奢らないほうがいい
    • 奢らないほうがいいと思う理由
      • 奢ると金銭的負担が増えて会える人数が減る
      • プロフィールで奢りを求められていないほうが多い
      • 「男が奢って当然」と思う女性がアプリ上に増えると困る
    • デートで割り勘にするときの注意点
      • 「初デートの支払い」を正しく設定する
      • リーズナブルなお店でデートする
      • 支払い自体はまとめて行う

最後に補足です。あんそにーは「絶対に奢っちゃダメ!」と言いたいわけではありません。

例えば、以下のような場合は奢っていいと思います。

  • 遅刻をしたなど、相手に迷惑をかけたとき
  • ものすごく楽しかったなど、女性といた時間や女性自体に相当な価値を感じたとき
  • 自分が社会人で相手が学生など、明らかに経済力に差があるとき

要するに、以下のような考えだと理解していただけると嬉しいです。

NG:奢る理由が明確にないのに、なんとなくいつも奢ってる

OK:基本は割り勘だけど、特別な理由がある場合だけ奢る

コメント

タイトルとURLをコピーしました