マッチングアプリ:マッチ率大幅UP!自己紹介文のコツ4選

アプリ選定・登録
▼この記事が役に立った人は応援クリックお願いいたします。▼
にほんブログ村 恋愛ブログ ネット恋愛へ

更新日:2020年9月4日

マッチングアプリを始めたけど全然マッチしない・・・
自己紹介文はちゃんと書いてるのに・・・

自己紹介文を適当に書いてしまっている男性は非常に多いです。
例えば、以下のような自己紹介文を書いていませんか?
残念ながらこんな自己紹介文だとマッチ率は低いでしょう。

初めまして!しばらくは仕事に集中していたのですが、女性が少ない職場で新しい出会いもなく、新しい出会いがあればと思って始めました。

趣味は、音楽鑑賞と海外旅行です。

友達にはしっかりしてると言われることが多いです。

よろしくお願いします!

とはいっても、何がだめかわかりませんよね?

そんなあなたのために、この記事では、マッチングアプリで300人の女性に会ったあんそにーが、自身の経験や女性からのアドバイスをもらいながら築き上げた、自己紹介文を書くコツをお伝えします。

わかりやすいよう、上記のNG自己紹介文を改良しながら説明します。

見出しや箇条書きを使って読みやすく書く

まずは文章の見た目を改善しましょう。
どんなにいいことを書いても、読みにくい文章だと読んでもらえません。
文章の見た目改善には、見出しや箇条書きが有効です。

NG自己紹介文を改善すると以下の感じになります。

初めまして!

〇始めた理由
しばらくは仕事に集中していたのですが、女性が少ない職場で新しい出会いもなく、新しい出会いがあればと思って始めました。

〇趣味・好きなこと
・音楽鑑賞
・海外旅行

〇周りの人からの評価
友達には、しっかりしてると言われることが多いです。

よろしくお願いします!

なるべく長く書く

自己紹介文には文字数制限があります。
例えばマッチングアプリWithだと1000文字です。
他のアプリだと500文字の場合もあります。

おすすめは500文字程度の自己紹介文を作って、使いまわすことです。

500文字も書くことないよ!!!

という人もいるかもしれません。
先ほどの文章もたった135文字です。
その場合は以下の「具体的に書く」を参考に書いてみてください。
500字ぐらい簡単に到達すると思います。

具体的に書く

とにかく自己紹介文は具体的に書きましょう。
男性・女性限らず抽象的な自己紹介文が多過ぎます。
具体的な自己紹介文が書ければ、すぐに上位10%に入れます。

先ほどの自己紹介文を具体的に書くと以下の感じです。
これで470字です。

初めまして!

〇始めた理由
就職して5年間は仕事に集中して、ほぼ毎日終電帰りというThe社畜な生活を送っていました。合コンも当然行けず、女性が3割ぐらいしかいない職場なので新しい出会いもなく絶望していましたが、新しい出会いがあればと一縷の望みをもってこのアプリを始めました。


〇趣味・好きなこと
・音楽鑑賞
→通勤時間はいつも音楽を聴いています。よく聞くのは、Kin gnuの「白日」やOfficial 髭男 dismの「I love」で、どちらも100回は聞いてます。
・海外旅行
→平日は忙しいですが年に2回は長期休みが取れるので、そのタイミングで必ず海外に行きます。これまでに行った国は16か国で、良かった国ランキングTOP3は1位イギリス、2位フランス、3位台湾です!イギリスはミュージカルなどの文化、フランスと台湾は料理が気に入りました。

〇周りの人からの評価
しっかりしているといわれることが多いです。例えば、友達とイギリスに旅行に行ったときには、ロンドンからエディンバラまで英国各地の都市をめぐる観光ルートをきっちり計画していことに対して、「しっかりし過ぎててちょっと引く」と言われました。

よろしくお願いします!

具体的に書くにはいくつかの技があります。
今回はこの例で使った以下の5つの技を紹介します。

  • 数字を書く
  • 感情を書く
  • ランキングを書く
  • 理由を書く
  • エピソードを書く

具体的に書く技①数字を書く

プロフィールで頻出する表現として以下のような表現があります。

  • 頻度の表現:例「よく~します」「たまに~します」
  • 回数の表現:例「たくさん~を読みました」
  • 期間の表現:例「結構長い間~してきました」
  • 割合の表現:例「異性がほとんどいない環境です」

こういう表現は数値化して、具体化しましょう。
上述のプロフィール文の例では、以下のような表現を使っています。

  • 就職して5年間は仕事に集中【期間の表現】
  • 女性が3割ぐらい【割合の表現】
  • 年に2回は長期休みが取れるので、そのタイミングで必ず海外に行きます。【頻度の表現】
  • これまでに行った国は16か国【回数の表現】
  • どちらもこれまでに100回は聞いてます【回数の表現】

具体的に書く技②感情を書く

出来事や物事だけを淡々と書いても書き手の気持ちや人となりが見えてきません。
書き手の気持ちや人となりを伝える良い方法は、感情を書くことです。

上述のプロフィール文の例では、以下のような表現を使っています。
淡々と出会いがなかったことを書くよりも、その環境に対する感情、すなわち「絶望していた」ことを書くことであなたの切実さがより伝わります。

新しい出会いもなく絶望していましたが、新しい出会いがあればと一縷の望みをもってこのアプリを始めました。

具体的に書く技③ランキングを書く

プロフィールでは趣味や好きなことを書くと思います。
この時、多くのは人はなんとなく好きなものを併記して終わりにしがちです。

好きなことを具体的に書くために、自分の好きなもののランキングを作りましょう。
ランキングの利点は、「順位」という概念が加わり、単なる併記よりも読んだ人が深堀しやすいからです。

え、なんでフランスよりイギリスのほうが上なんだろう?

こういう感想を読み手に抱かせれば成功です。
上述のプロフィール文の例では、以下のような表現を使っています。

良かった国ランキングTOP3は1位イギリス、2位フランス、3位台湾

具体的に書く技④理由を書く

人は相手の好きなことや嫌いなことに対する理由を知りたがります。
理由を知ることで相手の深い部分、つまり価値観に近づくことができるからです。

上述のプロフィール文の例では、以下のような表現を使っています。
文字数の制限があるので多少浅くなっているので、実際にはもう少し深く書くのをオススメします。

イギリスはミュージカルなどの文化、フランスと台湾は料理が気に入りました。

具体的に書く技⑤エピソードを書く

実際に自分が経験した出来事を書くと文章に人間味が出て、書き手の人となりが伝わりやすくなります。

上述のプロフィール文の例では、以下のような表現を使っています。
エピソードに人から言われた言葉を入れると、より具体的になります。

ロンドンからエディンバラまで英国各地の都市をめぐる観光ルートをきっちり計画していことに対して、「しっかりし過ぎててちょっと引く」と言われました。

意外性のあること/珍しいことを書く

ここまでのテクニックを使って具体的な自己紹介文が書ければ、それだけでマッチングアプリ利用者の上位5%に入ることができます。

しかし、より突き抜けた存在、上位1%以上を目指したいのであればプロフィールに意外性のあること/珍しいことを書きましょう。

先ほどの自己紹介文であれば例えばこんな感じです。(全文書くと長いので、海外旅行の部分だけ抜き出します)

・海外旅行
→平日は忙しいですが年に2回は長期休みが取れるので、そのタイミングで必ず海外に行きます。これまでに行った国は16か国で、良かった国ランキングTOP3はイギリス、フランス、台湾です!イギリスはミュージカルなどの文化、フランスと台湾は料理が気に入りました。
次の長期休みはコートジボワールに行く予定です。

この「コートジボワールに行く予定」というのが珍しいことですね。
少なくともあんそにーの周りにはコートジボワールに旅行で行った人はいません。
この一言があると、

なんでコートジボワール?っていうかどこ?

という感じで読んだ人の関心をくすぐることができます。

1点補足です。
メッセージのやり取りを始めると、この「意外性のあること/珍しいこと」についての質問が来るので、事前に想定Q&Aを作っておきましょう。

まとめ

自己紹介文を書く4つのコツは、

  1. 見出しや箇条書きを使って読みやすく書く
  2. なるべく長く書く
  3. 具体的に書く
    • 具体的に書く技①数字を書く
    • 具体的に書く技②感情を書く
    • 具体的に書く技③ランキングを書く
    • 具体的に書く技④理由を書く
    • 具体的に書く技⑤エピソードを書く
  4. 意外性のあること/珍しいことを書く→突っ込まれた時の想定Q&Aを用意!

コメント

タイトルとURLをコピーしました